2011年10月26日水曜日

第三回9月定例議会を終えて 吉川明博

第三回9月定例議会を終えて

吉川明博 豊丘村議会 第三回9月定例議会一般質問 920日 質問と答弁

①一般職公務員の給料削減について質問いたします。
  前回、第二回6月定例議会に於いて一般職公務員の給料の削減について村長に質問をいたし、「国などの動きを見つつ職員の皆さんに理解を頂くよう検討をしていく課題」と言うような発言をされたかと思いますが、国などの動きはその後動きがありませんが、役場職員の皆さんとの中で話題として取り上げるような機会はありましたでしょうか。

①村長答弁
職員組合の幹部との会見を二度しました。十月の人事院勧告を尊重し、進めます。

また、その後の一般職公務員の給料削減について所信に変化が有られたか無かったか、お伺いいたします。

②村長答弁
一般職員に対する給与削減については一つの施策として、「とよおかまつり」で全職員がボランティア(無給、これまで休日出勤)で2日間は参加していただけないかと要請し、返事待ちです。

次に議員の期末手当について質問いたします。
 前回、第二回6月定例議会に於いて特別職公務員・一般職公務員、議員の給料・報酬・期末手当などの減額をして発生する金印を国民保険税の各年度の財源に充てたらどうかとの質問に、「唐突であり答えられない」とされましたが、その後歳出を抑えるための「今までにない歳出削減施策の検討」「民間の感覚・視点での調査」をされたか否か、有れば具体的事案をお示しいただきたい。

③村長答弁
 独自の調査は行うが、これから先に有る行政評価委員会の答申を待ち調査検討等を行う。Plan計画、Do実施、Check評価、Act改善を行い、問題点を探り効果的な施策を行う。政策は新しい活用法を創造する。
~意見と今後の調査・質問~
 920日に上記の一般質問をした後、人事院(江利川毅総裁)は30日、2011年度の国家公務員の月給を023%引き下げ、ボーナス(期末・勤勉手当)は現行の年間395カ月に据え置くよう、国会と内閣に勧告をしました。月給とボーナスを合わせた平均年間給与がマイナスとなるのは3年連続です。13年度から国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるため、関連法改正の意見の申し出もありました。
 野田内閣は勧告を受け、給与関係閣僚会議で取り扱いを協議したようです。歴代内閣は勧告を尊重する姿勢を示してきましたが、今年は公務員給与を役職に応じて510%引き下げる特例法案が国会で継続審議となっていますが、「ねじれ国会」で同法成立のめどは立っておらず、勧告と特例法案のどちらを優先するのかの判断が焦点となります。
 人事院が実施した民間給与実態調査では、今年4月の公務員給与は民間を899円(023%)上回った。このため、40代以上を対象に基本給を定める俸給表を引き下げる。ボーナスは民間が前年度をやや上回る水準となったが、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県を調査対象から除外しており、3県の経済的な被害などを考慮して改定を見送ったようです。
 勧告通りに実施されると、平均月給は396824円(平均423歳)となり、ボーナスと合わせた平均年間給与は、15000円減(023%減)の637万円ほどのようです。

 豊丘村の平成22 年度普通会計決算カード(地方自治体の普通会計決算の概要を共通の表にしたもの)によりますと、一般職等の給料月額は下記のようになっています。
一般職等(特別会計含む) H23.4.1現在
区分
職員数
給料月額
一人当 月額
一般職員
65
20,644千円
317,600
嘱託職員
31
6,054千円
195,290
合計
96
26,698千円
278,104
ラスパイレス指数(P6説明)
H22.4.1現在95.0%

 豊丘村の決算カードの給料月額(一人当り月額) 317,600とは条件が異なりますので比較できませんので、第4回定例議会(12月)で比較できる数値の提出を村理事者に求めることとします。

④割愛

リニア中央新幹線計画について質問いたします。
(上伊那の皆さんのご意見の感想と、については
<割愛>)
 広域でも懸案の飯田駅と隣接してのリニアの駅のより良い設置位置について、駅の直前、直後の線路通過をする豊丘村村長の現段階でのお考えを、お聞きしたいと思います。

⑤村長答弁
 この機会を十分生かし、将来に向けて国内外にアピールするために、豊丘村の新しいパンフレットを作る。村民の皆様と共に、これからのリニア中央新幹線の課題を探り善処する。

また、リニア開通に向け、地域で取り組むべき事業、課題について、村長のお考えをお聞きしたいと思います。

⑥村長答弁
 例えば東京の近郊の八王子だとか国分寺のそういうところよりも、品川からの距離がここの方が近くなってしまいます。それは本当に恐ろしいことでありまして、その時に向けてもう特に都市部の今田舎に対する農山村指向というものは非常に強いですから、そういうものをしっかり売り出しながら、住んでいただける。ここの飯田下伊那に住んで家を持って、都市部の一流の企業に働きに行く。これが多分最高の人間の幸せじゃないかなという気もします。そういう贅沢ができる地域になりますので、さまざまな形でこの地域を守って、かつ又発信して、リニアの飯田駅には豊丘村があるぞと、そういうものを今からどんどん知らしめる、宣伝をすることをスタートしながら、その宣伝に見合うような方角でこの村を守っていきたいと思っております。

リニア開通に向け提言 吉川明博
私、吉川明博が考えます
l    地域で取り組むべき事業、課題 
駅設置のための負担金につては、単独個別推進より飯田市、高森町、豊丘村の合併をして同一行政体にしてから起債し、調達するアイデアもあります。
l    トンネル残土の活用は、想定されるリニア橋上駅と橋脚保全のための天竜川の堤防の強化を行い、現在の堤防規模の100年に1度の災害に耐えられる1/100から、36災害の180年に1度の災害に耐えられる1/200規模にすることを提案します。
l    最近、近畿地方を襲った台風12号のような、これまでは想定外であった災害を想定し、「深層崩壊」と言われる山津波に備えリニア施設の防災を広域でするべきです、リニアの工事では発生しない地元事業者への工事の発注増を促すことにもなります。
l    これは天竜川架橋、リニア付帯工事のアクセス道路の整備による村内インフラの促進にもなります。

⑦AEDの配置状況等について質問いたします。
村有のAEDの配置状況と、把握している民間の方の設置状況をお示しください。







続きは次です

0 件のコメント:

コメントを投稿